読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つけてよ、キャンドル。

今も、未来も、ずっと一緒に居たい。

INTERVIEW〜お願い、誰か僕を助けて〜③

 

自分の中の怪物…自分も知らないもう一人の自分。いや、忘れたい。思い出したくない、もう一人の自分。

 

先生みたいな方にはいないですよね…自分の中の怪物。

 

シンクレアのセリフ。

前回のブログにも書いたけど、すべての展開を知った上で話を追うのは難しいなあ(;;^ω^;;)ここはこうだったんだって書いてもいいんだけど、そしたらなんかまとまらなくて。あ、今も十分まとまってないんだけど(知ってる)

 

 f:id:milkisway:20160922200928j:image

(キム・スロさん FBよりお借りしました)

 

ここからユジンとシンクレアの2人の歌声が響きます。

f:id:milkisway:20160922201313j:image

 

最初はそれぞれの歌とセリフなんだけど、途中から2人の掛け合いになって声が重なる。最初はちょっとユナクさんの声?声量の方が弱いかなって思ったけど、そうでもないのかな。感情的にそれで正解なのかなと思ったり。 でもゴンミョンさんの声量すごい!セリフ聞き取りやすいし、歌ってる中でも韓国語の単語もしっかり聞き取れるくらいハキハキしてて、さすがだなぁって思いました!!!!ここのゴンミョンさんの歌声は強い、ユナクさんの歌声は歌いながら囁く感じの印象でした(*´ω`* )

 

あと、、シンクレアの「自分も知らない、自分の中の怪物たち。」のところの歌い方がほんっっっとに好きでした!!その直前まで歌って、セリフになって、そしてこの軽く音に乗せて囁く歌。韓国語だと、내 안에 내 안의 괴물 들~みたいな感じだったと思う。。うぅー正確な韓国語を思い出したい。韓国語の台本も欲しいですね。本当に。欲しい。。サントラと韓国語台本の販売を検討してほしいです。

 

途中何度も言ってるけど、このシーンも本当にピアノの音が素敵で、感情が高まる瞬間というか、わたしがINTERVIEWにどんどん引き込まれていく理由の一つにこの音の力が確実にあって、劇中の音を聴くだけでいろんな想いになります。本当に綺麗なの。このシーンのピアノ、みんなにも注目してほしい。

 

あれ?積み木でおうち作ってるのってこのあたりのシーンだったっけ?最初はシンクレアが作って、そのおうちの横と上にユジンが足して、、、その後、歌いながら、椅子に座ったままじゃなくて机と同じくらいの目線にしゃがんだシンクレアが、客席方向に向いて、ニコニコしながら積み木組み立ててる後ろにユジンが立ってて…みたいなとこ。どこだっけ?わたしも記憶が曖昧だハハハッ

そのシーンのユナクさんの笑顔がめたんこきゃわたんだった〜〜♡♡♡子供みたいなやーつ♡♡

 

 

f:id:milkisway:20160922221221j:image

 

 あ!!!!!!

 

重要なこと思い出した!!!!!、

 

2人で歌ってるところの、「自ら考え、行動し、記憶できれば」の“생각하고”の歌詞のところで、2人とも手を頭にあてて、考える感じの仕草をするのが、、良い!!!!!!よい!!!!!(*´ω`*三*´ω`*)♡かっこよくて萌えでした←  その歌詞2回あります♡

 

ここからまた話は続きます。

 

그 아이의 이름은 뭐야?(子供の名前はなんだ?)

누구야?(誰のことですか?)

 

えーー!シンクレアさん!??(   ᷇࿀ ᷆  )!???

 

友達をそそのかして、母親を刺した子供のことさ。

아~~이름…

 

名前を考えていなかったらしいシンクレア。戸惑ってる感じ。そんな彼にぐいぐいくるユジン。名前があるだろう?その子にも。さらに戸惑うシンクレア。頭を抱えるような…

 

やっと出てきた名前が「ウッディ?」

ウッディと聞いて、アニメの主人公?トイストーリーから?と尋ねるユジン。アニメ??そこに出てくるんですか?ってハテナ顔のような、不安そうな表情のシンクレア。そんなシンクレアを見て、まさかトイストーリーを見たことがないのか?!と驚くユジン。すみません、わたし見たことないですジブリもあんまり見たことないです(余談)

 

「ただ頭に浮かんだだけなんですが…見たのかもしれません。」面白いセリフだよね、これ。見たのかもしれないって。わたしここ結構好きだと思った。

 

次にユジンは、怪物の名前を聞く。けど、シンクレアは「なんのことですか?」(驚)(驚)

 

このあたりはもう、シンクレアの頭の中で人格(人間)がごちゃごちゃしてるのかな。さっき話したばかりのストーリーが曖昧。今、このシーンのシンクレアを支配してる人格は誰??

 

再び怪物の名前を尋ねるユジン。頭が痛そうな表情のシンクレア。몰라요…아니요!없어요!!(わかりません…いや、名前はないです。)

 

だから、名前がないからノー・ネームか?

ノー・ネーム???

(シンクレアの記憶がおかしい。)

 

君が言っただろう。ノー・ネームだと。

僕がですか?

(やっぱりシンクレアの記憶がおかしい。)混乱してるような、不安そうな、、

 

そんなシンクレアを見て、ははは、わかった。テレパシー?ってユジン。テレパシー??なシンクレア。全然、話が交わらない。

 

さっきシンクレアが言ったもんね。話を作るのはテレパシーみたいだって。そんな話をしたことも曖昧…つまりその時の人格と今の人格ももしかしたら違う…?

 

机を挟んで向かいあって、話す2人。

 

 

「君は物語を作るのが楽しいか?」

 

 

ここから、次の曲のスタート。まだジョアンは出てこない><